コラム

梅雨のいまこそ食すべし!~さやいんげんのきんぴら~

今年もジメジメとした梅雨がやってきましたね。湿度が高くなると頭痛やめまいに悩まされる方が急増します。海に囲まれた日本に住む私たちは、湿潤な気候の影響で余計な水分を溜め込みやすい体質です。うまく水分を逃がせずに放置していると【むくみ】【内臓の冷え】に繋がり、血行不良などを引き起こします。血の巡りの滞りこそ、頭痛やめまいの原因の一つ。

この時期に出回る旬の食材を使って梅雨時期の体のトラブルを回避しましょう!!

さやいんげんのきんぴら

【材料】

・さやいんげん 150g

・ごま油 適量

・しょうゆ 大さじ1

・みりん 大さじ1

・白ごま 適量

【つくり方】

①さやいんげんはヘタを取り食べやすい大きさに切り、ごま油を熱したフライパンで炒めます。

②しょうゆ、みりんを入れ、汁気がなくなったら白ごまをふって完成です。

※お好みで鷹の爪を入れるとピリ辛で美味しくできあがります。少量をごま油と同じタイミングで入れて調理してください。

さやいんげんは胃の働きを活性化し、余分な水分を排出する作用があるのでこの時季に是非食べてください!胃もたれや食欲不振のときでもおすすめですよ。

評価をお願いします

関連記事