コラム

夏バテ知らずで腸も元気に ~モロヘイヤ炒め~

本格的な夏の暑さがジリジリと近づくなかで、食欲が減退しはじめている方も多いかと思います。さっと茹でて食べられる麺類や、キンキンに冷えた甘いアイスなどを食べすぎていませんか?
炭水化物や砂糖など【糖質】の摂りすぎは体重の増加や血行不良にもつながります。夏でも手足の先が冷えている方は、糖質中心の食生活が原因かも…。
今回は、摂りすぎた糖の吸収を穏やかにしてくれるレシピをご紹介します。

モロヘイヤのスタミナ炒め(2人前)

☆材料☆

・モロヘイヤ 1袋
・豚小間肉 100g
・ニンニク 1片
・ごま油 少々
・しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1/2

☆つくり方☆

①モロヘイヤは葉と茎に分け、茎を4cmの長さに切る。ニンニクはみじん切りにしておく。
②フライパンにごま油、ニンニクを入れて香りが立つまで温め、豚小間肉を炒める。
③肉の色が変わったらモロヘイヤを入れてさらに炒め、しょうゆとみりん、酒を加えて味をつけて完成!

モロヘイヤは高温・乾燥地帯でも育てることができるため、エジプトなどの中近東地域で栽培が盛んです。
アラビア語では「ムルキーア」といい、意味は王家の野菜。
古代エジプト王が病に倒れたとき、モロヘイヤを食したところ快方に向かったことからその名がついたのだとか。
実際に栄養価はとても高く、刻んだときにでるネバネバの正体は整腸作用や糖の吸収を穏やかにするペクチンという食物繊維と、胃や腸の粘膜を守るムチンというたんぱく質。ほかにもβカロテンやカルシウムの含有量がトップクラスです。

今年の夏も猛暑が続きそうですね。暑さに負けないよう、まずは食事で体調管理をしていきましょう。

評価をお願いします

関連記事